店長のおすすめ:北海道産の生シシャモ

いつもお世話になっております。豊洲のOkawari鮮魚店の店長麻生です。今入荷中の美味しい旬の魚を紹介したいと思います。私自身も大好きなお魚、北海道産の生シシャモです。

干物の五指に入る本シシャモの原料

高級干物として知られる本シシャモの原料である生シシャモ。よく流通しているスーパーなどで販売されているシシャモとは全くの別物です。多くのシシャモがカラフトからですが、高級干物として知られる本シシャモは北海道産の一部の地域で水揚げされる魚で作られています。10月上旬から11月中旬の短い期間だけ漁をされます。その中で多くが干物に加工されていきますが、一部の魚は生の魚として流通され、それらが市場に流通します。

北海道産生シシャモ

上質な脂と柔らかい口当たり

生シシャモはなんといっても上品な脂とその柔らかい身が特徴です。バター焼き、フライ、塩焼きなどの加熱調理、またご自身で一夜干しをしてお召し上がりになるのもおススメです。口に入れた瞬間、身が柔らかくほぐれ、フワっとした優しい口当たりです。また上品な脂が美味しく、大変おすすめです。

北海道産生シシャモ

1年の中で流通期間は1ヶ月程度です。ぜひお早目にお召し上がりになって下さい。

商品ページは >>こちらから<< ご確認下さい。

Okawari 店長 麻生