希少な干し数の子

豊洲市場のOkawariの麻生です。

先週干し数の子の競りがあり、年末の風物詩である干し数の子が入荷しました。

もちろん北海道産の数の子を使用しており、大変高値で取引されます。

干し数の子

数の子を戻すのに、時間がかかります。

ただ歯応えが巷に溢れている数の子とは全くの別物。

この時期だけ入ってくる逸品、ぜひお試しください。

よろしくお願いいたします。

豊洲 Okawari鮮魚店 麻生