旬のお魚:マナガツオ

今たくさんのマナガツオが入荷しており、状態も良く大変おススメです。

西の高級魚として有名なマナガツオ。刺身はもちろんのこと、漬け魚(幽庵漬け・西京漬けなど)としても大変美味しくおススメのお魚です。もともと6月から8月が旬とも言われる魚ですが、毎年微妙に旬のタイミングが違うように感じます。マナガツオに限らず、温暖化のせいか微妙に旬がずれるのは他の魚でも感じることです。

マナガツオの名前の由来も所説ありますが、当時江戸にカツオが人気が高く、ただ当時の流通ではカツオを西に届けることができませんでした。同じ時期に獲れる西の美味しい魚としてカツオから名前を取り、身の締まりが特徴のマナガツオを「これこそ本当の堅魚(カツオ)というべき堅い身の魚である」と言う意味を持つ真名(マナ)の文字を取り、マナガツオ・真名鰹と書くとも言われています。

今回ご紹介するのは1.5キロ以上のマナガツオです。ここまでの大きさになるとお値段も張ってきます。ただ脂のノリも良く、可食部も多いのでこのサイズがおススメです。刺身は歯応えがあり、透明感のある旨味が絶品です。また漬け魚としても優秀で幽庵漬けや西京漬けは大変美味しく、おすすめです。

産地は主に西の瀬戸内海か九州方面になります。

マナガツオ マナガツオ

本商品の商品ページは、>>こちらから<<ご確認下さい。

Okawari 麻生