戻り鰹

戻り鰹

今の時期の鰹は、春の鰹とは異なり脂がのりながらも酸味があり、とっても美味。ぜひ今の時期の鰹をお試し下さい。

戻り鰹は北の海でたらふく餌を食べて南下してきた鰹

カツオは回遊魚であり、通常赤道近くに回遊している。春の時期になると栄養豊富な北の海の餌を求めて北上していきます。これらの鰹が太平洋側を流れていき、高知や千葉の方を通っていき、上り鰹もしくは初ガツオと言われています。江戸時代の俳句などでも残っておりますが、「まな板に 小判一枚 初鰹」と詠われたり、女房子供を質に置いてでも食べろと表現されるほど人気な魚だったようです。この北上した鰹が初秋ぐらいから南下して戻ってきます。それを今回紹介する戻り鰹です。戻り鰹は北の海でたらふく食べて太ってから南下していきますので、春の鰹より脂がのっているわけです。

戻り鰹の脂と酸味

戻り鰹は多くが三陸の気仙沼で獲れたものです。更に南下していくと他県でももちろん獲れます。本日写真で紹介するのは気仙沼の戻り鰹です。皮目がほんのり白いですが、こちらがカツオの皮目の脂です。脂は強いですが、酸味もあり、それがバランスが良く、バクバク食べ進んでしまいます。この脂と酸味が戻り鰹の醍醐味だと勝手に感じます。

 戻り鰹

刺身も美味、皮目を炙って脂を楽しむのもおススメ

おススメはお刺身。皮目を切って素材そのものの味を楽しむのがおススメ。玉ねぎ、小葱、生姜、にんにくなどの薬味と一緒に食べると本当に美味しいです。

また皮目を炙ると香ばしさがプラスされ、これもまたおすすめです。皮目の脂をダイレクトに味わうことができます。薬味をつけても美味しいですが、お醤油だけでも十分味わいがあり、とっても美味しいです。

戻り鰹は秋一杯ありますので、ぜひその間にお試し頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

 本日ご紹介の商品はこちらから購入できます。